So-net無料ブログ作成
検索選択
HONDA&F1 ブログトップ
前の10件 | -

いちばんあつい季節。 [HONDA&F1]

どうも、ごぶさたしてます。
今月、2回目の投稿だよ~っ…。
こんな更新頻度は、ブルログ史上最低ですw
来月はもっとちゃんと書こうと思います。

さてさて、今週、来週とF1好きにはたまらない季節です。
季節は秋にはいり、涼しくなってきましたが、F1はこれから熱いバトルがありますよ。
たまらん。

続きを読む


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Honda Racing F1初優勝。勝利の美酒に酔う。 [HONDA&F1]

バトン&Honda Racing F1、悲願の初優勝!

HONDAが優勝した。マジで嬉しい。

個人的には、サッカーワールドカップで決勝トーナメントに行くより価値があると思ってる。
この感動を誰と分かち合おう。

80年代後半(セナ&プロスト時代)のマクラーレン・ホンダは圧倒的な強さだったけど、
エンジンだけの供給でした。
純粋なHONDAとしては、39年ぶりの優勝。


イケメンのバトン君(同い年)にとっても、初優勝。
いろんなことが重なった、ほんとにオメデタイ勝利です。

嬉しくて、感動で、涙が出る。
ここまで長かった~。ほんと長かった。

追い風、きてるな。

続きを読む


nice!(7)  コメント(22)  トラックバック(5) 
共通テーマ:日記・雑感

佐藤琢磨のはなし。 [HONDA&F1]

琢磨に待望のベイビーが誕生!

琢磨に子どもが生まれた。
嬉しいだろうなぁ。
最高のクリスマスプレゼントだと思う。

どんな名前をつけるんだろ!?
前回、名前に関する記事を書いたので、微妙に先取りした感がある。
なんか嬉しい。

すこしF-1の話題。

続きを読む


F-1ノススメ。~琢磨がパパに~ [HONDA&F1]

F1ハンガリーGPが終わった。
K・ライコネンが優勝。
5位、J・バトン。
8位、佐藤琢磨。
HONDAもTOYOTAも全車入賞。
オーバーテイク(追い抜き)は少なかったが、
なかなか見ごたえのあるレースだった。

続きを読む


SEとHONDAの恋愛事情。 [HONDA&F1]

我はSE、腕一本で世を渡る。
6月1日から、派遣にだされたオレ。
高度な技術を習得予定!?

で、いろんなSEやプログラマーと話してて、
あることに気づいてしまった。

続きを読む


nice!(5)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BAR失格裁定の行方 [HONDA&F1]

我がBAR HONDAが、
シーズン継続して出場できるか、
あるいは追放されてしまうかの瀬戸際にたたされている。

今夜、その裁定がくだされるという。
ヨーロッパ時間だから、かなり時差がある。
かなり、やきもき。

ケータイで投稿してみた。
仕事がえり、電車にて。

続きを読む


F1界に新皇帝の予感。 [HONDA&F1]

サンマリノGP、ほんとに見所の多いレースだった。
随所にバトルがあり、血がたぎるレースだった。

我がBAR HONDAも、
シーズンでは最高の結果が出た。
J・バトンが3位表彰台。
琢磨も5位入賞。
これまで、初戦の意図的リタイアを除けば、
すべてトラブルによるリタイアで、完走がゼロという不本意な成績。
今回の2台同時入賞は、天晴れ!
3週間のインターバルが良い方向に働いたようだ。
それと、今GPから新しくスポーティングディレクターに就任したジル・ド・フェランが、
ツキも運んできたと思いたい!
この勢いがあれば、1勝も近そうだ。
期待したい。

続きを読む


BAR HONDAよ。もはや神頼みしかないのかい? [HONDA&F1]

BAR HONDAの結果がでない。
琢磨、ブレーキトラブルでリタイア。
バトン、ギアトラブル(?)でリタイア。
う~ん、内容がなかなか良かっただけに、もどかしい。
ほんとに悔しい。

どんなに内容がよくても、結果が全てなのがプロの世界。
勝つために、より多くのポイントをかせぐために、
速さと信頼性を同時に向上させなければないらない。
ルノーやマクラーレンを凌駕するスピード。
トヨタに匹敵する信頼性。

続きを読む


HONDA党の根底に流れしもの [HONDA&F1]

F1 2005年シーズンオーストラリアにて開幕した。
BARホンダ勢、開幕戦でポイント獲得ならず
この結果に満足できるHONDA党は、一人もいないだろう。
セットアップさえ決まれば、速いクルマ。
次戦以降、巻き返し、優勝が狙えると信じたい。

さて、今回いろいろな人のブログをみて感じた。
HONDA党は熱狂的だ。
フーリガン
レッズサポーター
阪神ファン。
フェラーリのティフォシ。
全然負けてない。
文章上はクールかもしれないが、みなさん”熱いモノ”を感じた。
「都合いいように解釈しすぎだ!」と怒られてしまうかもしれないが…。

続きを読む


前の10件 | - HONDA&F1 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。